スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語を商売道具にしている人にご注意を!

と言い切ってしまうと語弊があるんだけど、英語を商売にするのが悪いと言いたいのではありません。

昨日、お友だちが格安のプライベートレッスンをしているところを見つけて、体験レッスンをしたときのことを教えてくれました。

読める・書ける・話せる子に育てます!


その謳い文句にまんまと騙されたと怒り心頭のお友だち。
あんなレッスンに1円たりとも払うもんか!と怒りながら、驚愕のレッスン内容を教えてくれました。

お友だちが怒るのも無理はありません。
レッスンで使う本を買う場合は先生から購入しなければならず、1冊1000円。
アマゾンで見たら、500円くらいで売っていたんだとか。
300語~500語程度の本の読み方を教えるのに+1000円?高い!
ワークも同じく先生から購入しなければならず、ワーク1冊教えるのに+10000円。

では、話すのは?

1フレーズ300円!!!!!!!

なんだそれ!!!

悪びれる様子もなく、淡々と話す先生に、開いた口が塞がらなかったとお友だち。
それで、自分が見た金額は何だったのだろうと先生に聞いたら、彼女が見た料金というのは出張料だったようです。でも、私も見せてもらったけど出張料なんてどこにも書いていない!!
ちなみに、出張料は2,000円。

でも、実際にレッスンに入ったらそれに見合ったことをしてくれるのかもと思って怒らずに我慢していたそうですが、その後も、子どもを預けていく場合はシッター料が発生するとかお金の話ばかりで、終了10分前くらいから絵本を読んでもらって終わりだったんだとか。
時間が来て、「今日は本の読み方をやったから1000円だけど、簡単な本だからおまけにしておく」と言われたそうですが、そもそも体験なんだから、それっておかしくない?と怒っていました。10分本を読んでもらっただけで1000円?それ、教えてるって言わないしー!!と。


違うお友だちは、プライベートレッスンを2000円で受けているけど、もっと良心的で素晴らしいレッスンをしてもらっている様子。私も未経験ながらそこそこ情報収集はしているので、お友だちの話にびっくりしました。

私が知っている英語を教えたり、おうち英語を広めようとしている方々は、本当にそこに集まる子どもたちや親御さん、生徒さんのことをわが子のように考えて、英語力を伸ばそうと時間外にも試行錯誤していて、おうちでの取り組み方を親身になって教えてくれたり、惜しみなく情報を提供してくれて、その労力にも見合わないような金額でやってくれているんですよね。本当に、金額以上の仕事をしてくださっているなって、そういうところに参加できる方、そういう先生に学べる方を羨ましく思います。

ちょっと前にも、お友だちみんなでSGさんの話になって、指をくわえて聞いていることしかできない私の前で、次々と飛び交うSGさん情報。あぁ、京都に引っ越したい。いや、京都じゃなくても、大阪でも、奈良でも、うふふ、岐阜でもいい!と思ってしまう。京都に短期留学?それもありかも( *´艸`)

あ、脱線💦

そうやって、英語を話せることを他人のために役立てようと頑張ってくれている人たちがいる陰で、英語力やノウハウに頼る人たちを金のなる木のように思う輩がいることは本当に腹立たしい。


まぁ、お友だちもお友だちで情報収集不足が過ぎるので、お家で取り組まずに最初から人を頼るからそういうことになるのだとオブラートに包まずに言っておきました。hahaha


ここにお集まりの皆さんは大丈夫ですね!
読めるように、書けるように、話せるようにしたかったら、毎日続ければいいことは周知の事実。
でもどうやって?と思ったら、そのノウハウは全てここにあります!!
              ↓↓↓
             ここ!


英語力がないこんな私でも、この↑記事を読んでここまで来ることができました。
英語力がなくても、たくさんのヒントがあれば誰にでもできるのがおうち英語。
そして、この記事を参考にしてきた後発組から、バイリンガルの卵がたくさん育っているのも真実です。だからこそ、信憑性の高いこのノウハウを無駄にしないでほしい。
そして、この無償のノウハウを猿真似して商売道具にしている人や、ノウハウのないただの英語話者の餌食にだけはならないようにご注意ください。


お友だちは未遂でしたが(笑)、残念ながら、そういう人の餌食になってしまった方からのご報告がちょっと前にあったので、みなさんもご注意ください。







にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。