スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主観的な記事ほど客観的に見る目が大事!

ブログを書いていて「難しいなぁ~」と思うのは、読者の皆さんに自分の考えや思いを誤解なく伝えられるかどうか、ということ。文才がないので、誤解が生じてしまったり、意図しない方向からのコメントを頂いたりと、ブログを始めてからそこそこ苦い経験も致しました。

だから、誤解を生まないためにも、自分の記事を客観的に見る目が書き手にも必要であると思っています。


しかし、基本的にブログは個人の日記のようなものなので、主観的であるのは当然のこと。書いている本人は、今現在の取り組みを良いと思ってやっているわけですから、それを客観的に見るのは非常に難しいと思います。どんなに一歩引いたところから他人の目を意識して見ているつもりでも、その他人の目は無意識ながらも自分に共感してくれる人を想定していることが多いと思うのです。

そして、現在のことを客観的に見れるようになるのは、現在が過去になってからではないかと私は思うのです。

だからこそタエさんのように結果を残された方が、過去を振り返って書いてくださっていたブログが偉大であり、先輩方の過去記事がいかに貴重であるかを思い知らされます。


昔、どこかでこんなコメントを目にしたことがありました。
「某教材がすごく良いとたくさんの方が仰っていたので私も購入しましたが、ブログに書かれてある通りにやったけど全くダメでした。」

コメントの受け止め方はいろいろあると思いますが、ちょっと待ってください。

先日も書きましたが、自信がない人ほど、良いと言われるものに縋りつきたくなるので要注意です!!毎日見ていると、信仰心が芽生えるというか。。。
だから、何度も言いますが、ブログは一般人が書いている個人の日記のようなもの。絶対に信者になってはいけません。

我が家ならどうかな?と考えられる客観性がないと、「これがないとダメなのかもしれない!」と思い込んでしまったり、「あの人の言う通りにしたのに!!」なんてことになり兼ねないのです。

私も、現在取り組んでいることは客観性を意識しても主観で書いてしまうと思います。だからこそ、書き手として私も気を付けなければならないと思っておりますが、読者の皆さんも、どうか客観的に見る目を持ち続けて欲しいなと思います。






にほんブログ村
余談ですが、先日、私は率直に素敵だと思った方々のことを記事にしました。
その中のおひとりの方から、ご丁寧にメッセージを頂いたのですが、ブログの在り方について私と同じように考えていらっしゃることが分かり、とても嬉しくなりました。ご丁寧に何度もありがとうございましたm(__)m

自分の利益のためにブログやブログ仲間を利用している人もいますが、自分のところに来てくれた人たちを大切にしたい気持ちや、おうち英語を愛する気持ちが本物であることがすっごーーーーく伝わってきて、やっぱり素敵!って思わずにはいられませんでした。惚れなおしました♡

いつかお会いしたい人がまた一人増えました♡




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。