スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何歳からでも遅くはない!年齢や日本語力に応じたおうち英語を始めよう

おうち英語を進める上で、万が一何らかのリスクを伴うとしたら、それは日本語への影響であろうと思います。これまでたくさんの先輩方が記事にしてくださっている通り、日本に住み、日本語で日本の義務教育を受けて育つお子さんにとって、日本語ほど重要な言語はありません。
だからこそ、日本語力に応じた英語育児をする必要があり、それがそのリスクを軽減する一番の方法だと私は思います。

つまり、一番気を付けたいのは、日本語がままならない時期のおうち英語。
一般的に、0~2歳児です。
この時期の子どもたちは、まだ日本語さえ話せない子が多く、そういう状態で英語を大量にインプットするのは確実に日本語の妨げになると私は思っています。英語をインプットしたら、日本語はその倍以上するつもりでいたほうがいい。
というのは、根拠のない私的見解。(;^_^A

でも、私は決して0歳からの英語育児に反対しているわけではありません。発話のない子どもだからこそ、やりすぎには十分気を付ける必要があると思っているだけです。バランスが大事ですね。

逆に、よくご質問をいただいていた、日本語で会話ができる3歳以上のお子さんが始める場合、お子さんをしっかり見ていれば、やり過ぎても会話の中ですぐに異変に気付けると思います。

そういう意味で、0歳からの英語を批判したり、3歳からの英語を推奨する人がいるのだろうと思います。


では、実際に何をどれくらいすればいいのか。

0~2歳のインプット期は、日本語のインプットを超えないように注意しながら、子どもたちの心と耳を育てたい時期です。絵本の読み聞かせやかけ流しを少しずつ取り入れて耳を育て、日本語でた~っぷり語りかけて赤ちゃんと気持ちを通わせたい時期ですね。
そこでよく質問を受けたのが、英語が苦手なママの場合の語りかけについて。
英語が苦手なママが、1日に語りかけられるフレーズなんてたかが知れています。なので、ある日突然英語で語りかけを始めるよりも、赤ちゃんが生まれたと同時に少しずつ練習する方が、後々ママ自身も無理がないと思います。私自身も、Leoが生まれたと同時に1日20フレーズは練習していて、おむつ替えやミルクをあげるときに、覚えたフレーズを使って語りかけていました。でも、語りかけしています!って言えるレベルでは全然なかったんですけどね。英語が話せない私には、英語で語りかけることが億劫だったので、今思えば慣れるためにやっていた感じです。

かけ流しですが、Leoが0歳のころは、かけ流しはまだしていませんでした。
(詳しくはこちらへ。)
もしLeoが0歳の頃に戻れるなら、かけ流しは、歌やチャンツなどを取り入れて楽しんだと思います。時間は、長くても1日30分×1~2回くらいにしたいと思います。やり過ぎ防止のために。
絵本の読み聞かせは自分の練習にもなるので、sight word readersのような簡単な本でもいいので読み聞かせしたいところです。
そうやってスタートさせたら、日本語に気を付けながら、3歳まで少しずつインプット量を増やしていく。あとはお子さんの様子を見ながら進められるようになると思います。


では、日本語をしっかり話せるようになる3歳以降は何か違うのでしょうか。
私は、基本は同じだと思います。耳を育てることです。
でも、日本語の発話がある分、異変に気付きやすいという利点がありますから、日本語に気を付けながら大量のインプットをすることができるわけです。

昔、『情報収集をしていて、発話までリスニング2000から3000時間、幼児レベルで会話できるようになるまで約6000時間という目安があるのを知った』ことをこちらの記事で書いたことがありましたが、これを信じるのであれば、できるだけ短期間にたくさんのインプットをしたいところです。
また、幼児期にある程度の日常会話ができるようになっていると、小学生になってから伸ばしていくのがとても楽になるのは我が子たちを見ていてとても強く感じるところです。
と言われると、2000時間を1年や2年でなんとかしなければ!!と焦り出す方もいらっしゃると思いますが、1年でクリアしようとすると1日5時間30分です。これをクリアするのは、幼稚園や保育園に行っている子、特にワーママにとっては非常に難しい。一気にやる気が失せてしまいます。あぁ~、やっぱり我が家にはむ~り~、って聞いただけで思ってしまいますよね。
でも、ご心配なく。インプット量が大事なのは言うまでもありませんが、あくまでもそれらは目安でしかありません。

先日の記事で触れた5歳の姫ちゃん。始めて3ヶ月にも満たずしてアウトプットが始まりました。これは、5歳という年齢だからできることだと思います。5歳ともなれば、見たものを理解できる理解力や認識力が育っていること、日本語で会話できるわけですから舌やあごの使い方などアウトプットの準備が整っていることによって、インプット量が満たなくてもアウトプットが始まったと考えられます。

つまり、3歳以上で始めるお子さんの場合、インプット量以上に重要なのがインプットの中身だということです。インプット時間を稼ぐために、手当たり次第いろいろなものを見聞きさせるよりも、子どもが理解でき、真似したくなる素材を用意することが最も重要だということです。

WKEは、幼児の基礎概念を英語で習得できるので幼児期にぴったりの教材であり、理解しやすく、またテンポがいいので真似もしやすいんですよね。それが、姫ちゃんの心を掴んだ理由なんじゃないかと思っています。

WKEがなくても、同じように進められる教材にLet's Goがあります。ママもここから一緒に覚えて、親子でロールプレイを楽しむのもいいですね。

また、かけ流しですが、私は姫ちゃんに歌教材をおススメしました。
おすすめしたのは、このブログで何度も登場しているSuper Simple Songsです。幼稚園児は幼稚園で歌を歌うことが多いし、姫ちゃんとMichelleが通う幼稚園では、週に1度の英語の時間にも英語の歌を歌っているので、姫ちゃんならきっと口ずさんでくれるだろうと思ったからです。
この歌教材は、大成功でした。英語が話せないママさんも、毎日楽しく歌っているそうです。

歌は歌だから、話せるようになるためには必要ないという人もいましたが、私はそうは思いませんでした。歌うことは話すための準備にもなるし、歌えれば英語を声に出す自信にもなって、抵抗なく発話に繋がるんじゃないかと我が子たちを見ていてなんとなく思っていたからです。今回姫ちゃんの結果を見ても、あながち間違ってはいないことが証明できたんじゃないかと思っています。

また、このSuper Simple Songsは、無料のダウンロード教材を使って歌うだけでなく遊びながらしっかり意味を理解できるようになっているのもおすすめポイントです。WKEで出会った語彙にSuper Simple Songsでも出会えると、より正確に意味を理解できるようで、それが姫ちゃんのアウトプットにつながっているとも思います。



年齢が上がれば上がるほど、子どもたちは個性を発揮するようになります。
できることも増え、読み書きも同時進行できるようになっていきます。
それに伴って、おうち英語の進め方も本当に人それぞれになっていくと思うのです。

だから、ブログで紹介されている通りにいかなくても仕方ありません。
子どもは一人ひとり違いますからね。


でも、かけ流し、読み聞かせ、語りかけなど、できることはどんどん取り入れていくこと、同じようなレベルのことを違う素材で何度も繰り返すこと、こういう基本的なことさえしっかり押さえておけば、きっと大丈夫。あとは、お子さんとしっかり向き合って、たまにはちょっと離れたところから観察して、どんな素材がいいか考えてみてください。そのうちに、子どもと向き合うのも、素材を探すのも楽しくなってくると思いますよ♡



そうなったら、もうおうち英語中毒( *´艸`)やめられないんだなぁ~♡







にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。