FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな習い事も親の関わり方が鍵

昨日、Leoの1週間の短期スイミング教室が終わりました。

毎日通うのをとても楽しんでいたLeoですが、この1週間でできるようになったことは、バタ足と背浮きでのバタ足だけです。でも、ここまでが大変でした(;^_^A 他の子たちが次の課題に取り組む中、ひたすらバタ足を練習させられていたので、周囲からからかわれることもあったようですが、傷つきながらも一つ一つ丁寧にクリアしていくLeoらしい一面をスイミングでも見せてくれました。結果的には、そのおかげで基本がしっかり身についたようです。


短期教室初日は、私にとって衝撃的でした。バタ足なんて、しっかり学ばなくても簡単にできるものだと思っていたのに、Leoにはすごく難しいことでした。どうしてもつま先に力が入ってしまって、水面につま先を突き刺すので、まったくバタ足になっていないのです。コーチに何度も何度も直されて、何度も何度も失敗して、きっと、もうスイミングは嫌いになるかもしれないな。そう思いながら見ていました。しかし、レッスンが終わって戻ってきたLeoは満面の笑みで『楽しかった~♡』と言ったのです。それを聞いて、何とかしてあげなくちゃと思いました。

家に帰って、布団の上やお風呂で練習すると上手にできているのに、2日目のプールでもまた変に足に力が入ってしまって、ビート版を使っても全然進みませんでした。3日目も同じで、私がちょっと諦めモードになってきたんだけど、4日目になんとか形になってきたので、あきらめるのはまだ早いと思って、スクールが休館日だった5日目の夜に市民プールに連れて行きました。

驚きました。
何度も何度も25メートルを泳ぎきったのです。しかも、とても綺麗なバタ足です。
ビート版なしでも15メートルは泳ぐことができました。できてるじゃない!!
背浮きでのバタ足もとても上手にできていたので、これで明日の練習は大丈夫!そのときはそう思っていました。


しかし、そうは問屋が卸しませんでした。
7日目のテストに備えて予行演習があったのですが、15メートルくらいまでは順調に進み、いえ、むしろ速い方だったのにもかかわらず、残り10メートルのところでコーチがLeoに声をかけた途端、全く進まなくなってしまったのです。そこでやっと原因が解った私。Leoはバタ足ができないのではなく、緊張していただけだったのです。

家に帰り、Leoの話を聞いてみたところ、コーチにつま先を注意されてどうしていいか分からなくなったと言うのです。たぶん、子どもたちは水に入っているし、水しぶきの音もするし、コーチたちが大きな声で話していてそれが館内に響くので、大声で怒鳴られているように聞こえてしまったようです。でも、実際は、「つま先に気を付けて!」と言われただけ。確かにこのコーチはちょっとキツく聞こえるけど、これは慣れるしかありません。

しかし、本番を翌日に控えていたので、『気にしない』と言うだけでは結果は残せないと思い、Leoもどうしても行きたいと言うので、6日目の夜も練習に連れて行きました。とにかく25メートル泳げる自信を今度こそ持たせたかったのです。ちょうどmaomaoさんの『褒めて褒めて褒めまくる』という記事を拝見した後だったので、とにかく褒め殺し作戦でいこうと( *´艸`)

Leoは何度も25メートルを泳ぎきってくれました。
わざとプールサイドや隣りから声をかけたりもしたけど、全く気にしません。
主人にもやってもらいましたが、止まることなく最後まで泳ぎました。
もう褒め殺さなくても大丈夫でした(;^_^A
なので、コーチの声が聞こえても、気にせず最後まで泳ぎ切るよう言い聞かせました。


その甲斐あってか、昨日のテストは見事一発合格!
一番出来の悪かったLeoが一番速いタイムだったことに先生もすごく驚いていましたが、それ以上に喜んでいっぱいい~っぱい褒めてもらいました。もう着替えが終わって帰ろうとしているのに、ず~っと褒めてくださって、先生が一番興奮状態💦
そして、合格証書のほかに、進級ワッペンももらうことができました。


今回短期教室に参加して思ったのは、どんな習い事も親の関わり方次第で子どもも変わるんだということ。これまで、Aneeのピアノやバレエ、Leoの英語にそろばん、どの習い事を通しても実感してきたことですが、スイミングも例外ではありませんでした。

Leoは天才肌でもなければ、器用な性格でもないし、緊張しやすいタイプ。だから、スクールに任せっぱなしはとても危険だなと改めて思いました。スクールで学んだことを、主人や私と緊張をほぐしながら復習して自信を持たせてあげる必要があるのだと。本当に、どの習い事とも共通しています。


なので、親子スイミング、始めてみることにしました(^^♪
Leoはこの短期教室のおかげですっかりスイミングにハマってしまいました。せっかくスイミングが好きになったから、好きから得意になれるようにしてあげたいなって思います。できることなら続けさせてあげたい。でも、Leoにはこれ以上習い事を増やせるほど時間がないのです。

お友だちと遊ぶ時間も必要だもんね。


だから、親子スイミングでゆっくり楽しみながら頑張ろうと思います。
そして、次は冬休みかな?ほかの習い事との都合が合えば、また短期教室に参加したいと思います。



本当にいろいろと気づきをもらった実りある1週間でした。
この経験を英語やそろばんにも生かしていきたいと思います。






にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。