FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算数のつまずきは1年生から始まる?

先週、Leoの同級生のママさんとお買い物をしていたら偶然会って、算数の話になりました。

1年生で1学期が終わったばかり。
まだ10までの足し算や引き算なのに、どうやって躓くのかちょっと不思議だったのですが、授業ではなく、おうちで取り組んでいるワークが分からないとのこと。学研か公文のよくあるワークらしいのですが、内容的にはとても簡単なものなのに、文章題になると躓くというのです。

残りは、違いは、足すと、合わせると、どちらがいくつ多い、少ない。
一年生レベルで覚えておくべき言い回しはそれほど多くないのですが、ちょっと変えられると分からなくなる。そういえば、参観日の時、学級懇談でそういう話があるお母さんから出て、みんなが頷いていたので、そういう子が結構いるのかもしれません。教科書にはすべての言い回しが載っているわけではないので、やはり、おうちでの取り組みって大切だなって思いました。

そのママさんも、どうすればいいのか困っていると言うので、言い回しに慣れるために何度も繰り返しいろんなパターンで問題を出してみることをおすすめしました。口頭でクイズ形式でもいいし、紙に書いてもいいし、子どもと楽しめる方法でね♡と。

そろばん習ってる子だから計算はとても得意なんだけど、そろばん1級持っていても算数が苦手な子がいるのは、語彙力が大きくかかわっているからなのだろうと思いました。

やはり、日本語力もしっかり育てていきたいと改めて思いました。







にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。