FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議だね!面白いね!~愛知の会にインスパイアされて~*追記あり

7月下旬、愛知の会で素敵なサイエンスの催しがありましたね。
maomaoさんが記事にしてくださったので、ご覧になった方も多いはず。

話すことがちょっと苦手だけどサイエンス好きなママさんが、この日のために一生懸命準備しているのを知っていたので、maomaoさんの記事を見て大成功だったことが分かり、私までとても嬉しくなりました。本当に羨ましいほど素敵な会です♡

そして、あまりにも楽しそうだったので、すっかりインスパイアされて(笑)、英語でなんて無理~って思ってたけど、このVolcanoの実験を子どもたちとどうしても一緒にやってみたくなった私(;^_^A
ペラペラのお友だちが誘ってくれて、Skypeで一緒にやることに♡ワークシートまで用意してくれたので、私はLeoに進行を任せ、Skypeをセットしただけ💦何から何まで手取り足取り教えてくれたお友だちに本当に感謝です。いつも素敵なレッスンをありがとうm(__)m

この実験を昨日やってみたのですが、お友だちのおかげで大成功でした!!
お家でも簡単にできるので、皆さん、是非やってみてください。

我が家では、先ず、小麦粉粘土を作るところから始めました。
もちろん、市販の紙粘土でも大丈夫です。

材料は、小麦粉、インスタントコーヒー、お湯(または水)、油。
コーヒーはむらにならないように、お湯で溶かして冷ましておきます。

小麦粉粘土だと、アレルギーさえなければ子どもが万が一食べちゃっても安心安全なので、小さいお子さんにおすすめです。自分で粉を練るのも楽しいですしね♡
コーヒーは、着色用なので、後で絵の具を塗る場合は入れなくてOKです。
お子さんが小さい場合は、コーヒーを入れてしまった方が楽だと思いますが、カフェインが気になる場合は、ノンカフェインのものを使うといいと思います。

着色料を使えば、カラフルな粘土も簡単に作れます♡

小麦粉粘土は、コーヒー液を入れ過ぎないように注意しながら混ぜ、乾燥防止に油を大さじ1~2だけで簡単にできてしまいます。子どもはこねる力が弱いので、ポリ袋に入れて、手でもんだり、足で踏んだりして感触を楽しんでいると、あっという間にできますよ!
粘土遊びのために数日間使う場合は、防腐剤代わりに塩を入れてください。
使い終わったら、冷蔵庫に入れることもお忘れなく。

ここでSkypeデートスタート!
Volcanoの形を作っていったのですが、土台は、500mlのペットボトルを切ってつなげ、半分の高さにしたものを使いました。180mlの缶や350mlのペットボトルで大丈夫です。
そこに、三角フラスコ型になるように粘土をペタペタとつけていきました。
子どもがするのでなめらかではなく、ボコボコしちゃうんですけど、結果的にそれが絶妙なリアル感を醸し出していました(´艸`*)

少し乾かしている間に、Volcanoの仕組みをおさらい。
magma
magma chamber
crater
vent
lava
ash
の語彙を確認しながら、噴火の仕組みをLeoに説明してもらいました。
だいぶ前に、炭酸水を振ったり、熱するとどうなるかLeoと話していたので、これまで見た動画や読んだ本から、Volcanoの中でもガスが発生し圧力がかかって噴火する仕組みを理解していました。
それを全て英語で説明したLeoでしたが、途中、一人で話してるのが恥ずかしくなってしまって、たぶんお友だちには聞こえてなかったと思う。
ごめんなさい(。-人-。) ゴメンネ


次に、お友だちの進行で、ぬるま湯を大さじ2程度、赤と黄色の着色料、食器洗い洗剤(液状)を6滴を入れて一旦混ぜ混ぜ。
すると、ここで底を見たくなったのか、LeoがVolcanoをひっくり返し、液体ドバ~💦
あらららら~。ともう一度入れ直し。

するとまた、なぜかまた底を見ようとひっくり返してドバ~💦学習能力なし!?
やるとしたらMichelleだと思ってたんだけど、彼女は至って冷静。
次の展開を想像しているのか目が輝いている✨

3度目の正直で、やっと重曹を入れることができました。重曹はティースプーンで2杯。
これで準備完了。

そこに、お酢を流し込むのですが、2人で一気にやりたいよね?
ということで、紙コップにお酢を50mlずつ入れ、コップの口を1カ所つまんで、さぁスタート!!
様子を見ながらそ~っとお酢を入れていく子どもたち。


すると、中からボワワワワ~!!



あぁ~あ、写真撮るの忘れた~~~( ;∀;)



もう子どもたちは大興奮!!!

オレンジ色が粘土に馴染んで、ますます本物っぽい色に♡


お友だちに愛知の会で実践したレシピを教えてもらったので追記します♡
専門分野のパパさんのレシピなので、皆さんにはこちらをお薦めします!!
情報提供ありがとうございます♡m(__)m
    ☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



1.ペットボトルに重曹15g(大さじ1)と食紅を入れ混ぜる(水なし)。
2.別のカップに食酢50mlと、PVA洗濯のり30mlを入れて割り箸で混ぜる。
3.ペットボトルに2を入れる。

2を入れてからしばらくすると、じわじわと泡が出てきて、そのまま5分以上持続します。

お試しあれ~。


    ☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



重曹プラスお酢でどうしてこういう現象が起こるのかはまだ理解できていないけど、Volcanoの仕組みはしっかり理解できたみたい。
デート終了後、久々にこちらの本をゆっくりじっくり読んでいました。



愛知の会の皆さん、そして、協力してくれたお友だちに心から感謝します。おかげさまで子どもたちも本当に大喜びの実験となりましたぁ~♡


興奮し過ぎて、はしゃぎ過ぎて、子どもたちはお昼寝をしてしまいました。



夜、主人が帰ると、また思い出して夢中でVolcanoについて語り始めたLeo。
主人も、
「それは楽しそうだなぁ~。今度またやってよ。」
なんて言うもんだから、いつやろうかと早速相談されました(;^_^A
今度は、愛知の会みたいに、のりも入れてみようかな♡

週末にもやりそうな勢いだから、これとっておこうかしら。。。
Volcano

でも、お酢臭い💦



せっかくなので、夜寝る前に、その後LAVAはどうなるのかについて話し合った後、本を読みました。

これまで、岩石や鉱物には全く興味がなかったLeo。この本を手に取っても、Rocks and Mineralsは読んだことがありませんでした。

読まぬなら聞かせてやろう!と読み始めると、本を取り返して読み始めました。
こうなることは分かっていたから読んでみたのよ( *´艸`)シメシメ



今回の実験をするにあたって、お友だちと話をする中で、この実験からいろいろな方向に学びを広げられるなと思いました。
火山から岩石や鉱物もそうですが、物質の変化など、たとえ今はまだ深く理解できなくても、「不思議だね。」「どうしてだろうね。」って思うきっかけを与えるだけでも大事だなって思いました。


いろいろなことに気づかせたり、興味の幅を広げるのに、実験は本当にいい経験になると思います。しっかり理解できなくても、記憶に残すだけでもやる意味はあるんじゃないかなって思うんですよね。

皆さんも是非!実験楽しんでみてください。



ちなみに、小さいお子さんには、”重曹+お酢”の代わりに、”コーラ+ラムネ”を使うのがおすすめです。ラムネをぽとんと落とすだけだから簡単ですよ♡あ、その前に食べちゃうかな( *´艸`)勢いもいいので、量にお気を付けくださいね。
メントスでもできますよ!






最後までお付き合いいただき
ありがとうございましたm(__)m

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。