スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初カミングアウト

昨日はたくさんの方にご訪問頂きありがとうございました♡
中学英語の先取りとして来てくださった方もいらっしゃったと思いますが、ママのやり直しのためにと思ってきてくださった方も多かったのではないかと推測しております。私のように英語音痴な方、一緒に頑張りましょう!!

昨日は、中学レベルからのやり直しということで紹介させていただきましたが、文法だけでなく単語も!という方にはこんなのもあります。



そして、中学までは大丈夫だけど、高校レベルがね~💦という方にはこちらもあります。


私も、ここまで進めるように頑張りたいと思います。


さて、つい先日のことなのですが、幼稚園で知り合ったママさんから、子どもたちの英語について質問攻めにあいました💦

Leoが洋書を読んでいたのを見たことがあったそうで(どこで見た?)、本当に読んでいるのか聞かれたのが始まりでした(笑)。
まぁ、分からなくもないです、その気持ち。
こんな田舎で洋書を読んでいる子どもを見たって、本当に読んでいるとは思えないでしょう。私はね、読んでいるんだな、すごいなって思いますよ!もちろん!

でも、親子英語のような世界があるとは知らないママさんたちなので、アメリカンスクール的なところに通わないと話せるようにならないと思っているから、両親共に生粋の日本人で、子どもも、自分の子どもたちと同じ幼稚園に通っている。なのに何故??と言う感じで、読めても話せないのでは?という質問も💦

自分で言うのは本当に恥ずかしいんですけど、その場の雰囲気で言わなくちゃいけないような感じになって、
「あ、そこそこ話せるんです(;^_^A」
と初カミングアウト。ついでに、私が英検5級であることもカミングアウト。って、ここでは何度も言ってますけど💦

これまで、お迎えに行った際に偶然英語の先生と話しているのを聞いた、ということでLeoの学年のママさんからは質問されることはあったのですが、我が子が英語を話せると自分から言ったのは初めてだったので、あぁ~、言ってしまったぁ~💦とちょっと恥ずかしくなりました。英語を話すこと自体は別に恥ずかしとは思ってないんですけど、こういう話って聞く人によって受け止め方って違いますからね。そういう意味で、本当はあまり自分から言いたくはないんです。

案の定、話せると聞いても俄かには信じ難いといった表情で、
「話しているのを見てみたい!」
と言われてしまいました。

近くにいたMichelleを捕まえて話すこともできたのですが、英語の先生がいればこそ話すけど、私と家の外、しかも日本語しか話さないと分かっている人の前で披露することはMichelleはしないので、
「英語の先生とは英語で話すんですけどね~。」
とやんわりお断りしました。

そのあとも、
「じゃぁ、どのくらいのレベルで話せるんですか?」
などと次々に質問が飛んできて、話はおうち英語へ。

どうやって教えるの?とか、ディズニーは買った方がいい?など、30分くらい質問攻めにあいましたが、英語を話せるようにしてあげたいと思うママさんたちの強い気持ちが伝わってきたので、教材にも人によっていろいろな考え方があることや、何を重んじるかでも違ってくること、はじめの一歩から、DVDを拒否されたときの対処法など、聞かれたことにはすべてお答えしました。

本当にいろいろな話をして、最後には、
「英語を話せるようになるためには専門のスクールに通わせたり、ディズニーのような高額な教材が必要で、大金をかけないと無理なんだと思っていました。これならやってみたいです!」
とすごく前向きになってもらえたので良かったです。


ブログを通して知り合った方からも、「参考にして頑張ってきました。」というお声を頂いた時は、こんなしがないブログでもお役に立てることがあるのかなと本当に嬉しかったのですが、こうして身近なところにも、おうち英語をやってみたい!頑張りたい!と思ってくれる人が一人でも増えてくれたらすごく嬉しいので、今回はカミングアウトして良かったなと思いました。

「うちにぜひ来てください!!」

と何度も言われたので、ママさんたちがやる気なら、私もしっかりサポートしてあげたいなと思っています。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。