FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム機を持たないのは親のエゴか

昨日はMichelleの幼稚園で運動会がありました。
中部地方のお友だちのところでも運動会だったそうで、雨をとても心配していたのですが、朝に上がったので無事に開催されたと聞いて、予定通りできたことにホッとしました。
お仕事されている方はその日のために休みを取るので、延期が一番困るんですよね~。行事の度に、ワーママさんが夫婦でスケジュール帳と睨めっこする話を聞いて、調整がとても大変そうで。
無事に終わって、よかったよかった。

それで、会場に着いて、知り合いのママさんたちと挨拶して、さて、自分の持ち場へと向かおう!としたとき、近所のママさんに呼び止められました。
「Michelleちゃんち、ゲームないんだって?」
唐突に何の話?って思ったけど、急いでいたので、
「うん、ないよ~!ごめんね~、急ぐの~。」
とだけ答えて先を急ぎました。

私、毎年、というか、毎回幼稚園の裏方のお仕事をお手伝いしているので、今年も例外ではなく、急いで本部に行かなければならなかったのです。

でも、頭の中は、何で急にそんなことを聞かれたのか不思議でいっぱい。

それで思い出したのが、もう半年も前にMichelleのお友だちのママに幼稚園から帰宅してどのように過ごしているか聞かれた時のこと。
お友だちと遊んだり、兄妹であそんだり。そして、中学生が帰宅したらご飯を食べて、お風呂に入って寝る。とざっくりと話したのですが、
「ゲームはしないの?」
って聞かれて、ゲーム類は一切持っていないことを話したらすご~く驚かれたんです。
「ゲーム持ってないのにどうやって時間潰すの!?」
ってね💦

主人の携帯でパズドラやポコパンをしたことはありましたが、それほど興味を持たなかったようで、今はその存在も忘れていて。。。。
なければないで何とかなっているんですよね(;^_^A

でも、ゲームを持たないのは親のエゴなんだそうで、
「子どもが可哀想だよ。」
って言われちゃいました💦

そりゃぁ、確かに私はゲーム機を歓迎はしていないので、知らないなら知らないでいいと思っているし、欲しがってもいないのにそちらに誘導するつもりもない。ゲーム機を欲しがられてもきっちりルールを守らせようとするだろうし、欲しがらなければこのまま買う予定もない。

でも、そろばんが大好きなLeoには、そもそも潰す時間がない。
友だちとも遊びたいし、Michelleとも遊びたい。
宿題もしなくちゃいけないし、レッスンも受けたい。
英語のDVDを見たり、かけ流しに聞き入ったり、好きな本も読みたい。
やりたいことがい~っぱいあり過ぎて、毎日時間が足りない。

親としても、ゲームをしたい!って言われるよりも、妹と遊びたいって言ってくれる方が嬉しいし、本を読みたいと思う気持ちよりも、欲しがっていないゲームを優先させる必要もない。それが何故親のエゴになろうか。いささか疑問だ。


そして、幼稚園のお手伝いが一段落したころ、また朝に急にゲームの話をして来たママさんが寄って来て、
「さっきはごめんね、びっくりしたよね。」
って、案の定、半年前にエゴだと言ったママさんから聞いたと言っていました。
そして、
「うちもないのよ~。私も、変だよ!って言われたけど、全然変じゃないわよね~。なくたって困らないもの。家の中にこもってゲームばかりするより、お友だちと元気に外で遊ぶのが一番よね!」
って言ってもらえました。
てっきり、真逆のことをまた言われるのだろうと思っていたので、拍子抜け(;^_^A でも、嬉しかった~♡


ゲームをすることでルールを教えるきっかけにもなるし、やるべきことをきちんとやるようになるのかもしれないから、ゲーム=悪だとは思っていない。でも、ゲームがなくても、他のことでもルールは教えられるし、やるべきことはやっていて、とにかく潰している時間がないから必要がないだけ。

でも、やってみたい!って言い出したらちょっと気になっているものはある。
     
あはは。これは完全に親のエゴ( *´艸`)

今は便利なアプリがたくさんあって、英語もたくさん!
だから、楽しめて、ためになるものはどんどん取り入れていきたいなって思うけど、そこもやっぱり時間がね~💦

でも、最近、寝る前にちょっとだけ楽しんでいるアプリがあって。。。
暗算の特訓っていうフラッシュ暗算なんだけど。。。
これをゲームとは言わないか(;^_^A


エゴだと言われても、まだまだゲーム機は必要なさそうな我が家です。





最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。