FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の英検

前回までの記事にたくさんアクセスを頂き、ありがとうございました。
いつも応援してくださっている方には、私が書いたこと以上に感じ取って頂けたのではないかなと思いますが、初めて来てくださった方も多かったので、言葉足らずで誤解がなかったか心配な部分もあります。
こういう時、ご質問をお受けできないのが本当に申し訳ないのですが、最近ますます忙しくて、以前のようなご質問量に対応できそうになく本当にすみません。


さて、全くと言っていいほど子どもたちのことを書いていなかったので最近の様子を。

Leoは以前に英検の問題を解いたことがありましたが、その時何故解くことになったのか私もあまりよく覚えていなくて、その後も英検に触れることもなく過ごしてきました。

今回、中学校でも英検がありましたが、新人戦だなんだと忙しかったAneeは今回も受けることができず、今回こそ挑戦したかったとちょっと悔しそうに話していました。

震災以来、何事にもやる気のなかったAneeでしたが、ここに来てやっと英検だ、数検だ、漢検だとやる気になってくれていて、母としては受験に向けて少しずつ心の準備ができてきたのかなと嬉しくなりました。

そんなAneeを見たからなのか、そろばんで進級することの意味を知ったからなのか、『英検って何?級があるの?』って聞かれ、英語にも試験があって進級システムがあることを今回初めて知ることになったLeo。

私は英検はそれほど重視していなくて、いつか自分のために『受けたい!』と思ったときに受けてくれればいいかなって思っていたので、Leoにも英検の話をしたことがなかったし、今回も聞かれたから答えただけで、本人もふぅ~んって感じで興味もなさそうでした。

その理由について、『そろばんは、7級ができなくて6級に進んでも6級は難しくてできないけど、英語は級がなくても話せるから。』というようなことを言っていました。つまり、級がなくても困らないから今はいいのだそうです。

でも、Aneeが過去問に挑戦するのを見て、ちょっとやりたくなったようで(ライバル心?( *´艸`))Leoも準2級の問題にチャレンジしてみました。

Leoが挑戦したのは丁度1年前のもの。15年度の第二回(10月)の問題でした。
今回は、そろばんで時間を計っていることもあって、制限時間があることが分かると、自ら『計って!』と言い出したので、計ってみることに。

しかし、どのくらいの問題量なのかや、時間配分も理解していないので、本当にのんび~りゆっく~り解いて、とうとう最後から5問は時間切れになってしまいました。リスニングもやってみましたが、初めてだったので意味が分かっておらず、問題が流れ始めているにも関わらずボケ~っとして聞いていませんでした(;^_^Aそこで一旦止めて、説明をもう一度して取り組みました。でも、止めたところからの再開。

結果としては、解けなかった問題の他に5問間違っていたので10問、リスニングは最初の聞き逃した2問以外はできていました。ですので、合計12問のミスでした。

まぁ、時間制限がなければ残りの5問も当たっていたので、理解はできているようです。ただ、Leoの場合、集中力が途切れてしまうんですよね~。なので、この設問は何分でやる。これは何分。というように短く区切ってゲームみたいにしないとまだまだ駄目なんだなぁ~って思いました。でも、全く受験予定もないからそこまでする必要もないのでしませんが(;^_^A

ということで、Aneeは3級の過去問は3問ミスで、Leoは準2級が12問ミスだったという記録でした。





ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。