FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が一番恐れていること

バイリンガルになるためには、日本語も英語も勉強が必要になってくる時期があるのは承知しているし、勉強して身につけることを否定しているわけではないことを前置きしておきます。
人それぞれ、自分に合った方法というものがあるし、何を選んでも、最後は目標を達成できればいいわけで。

ただ、親子英語は、子どもに英語を勉強させて身につけさせるものではないということを覚えておいていただきたいなって思うんです。
勉強となると、どうしても一方的になってしまいがちで、親が熱心になればなるほど、関わり方を間違えやすくなるし、それでは子どもも逃げたくなってしまいますよね。だから、最初から勉強させるのが親子英語ではないと私は思っているし、そこを誤解されるのが一番怖いです。


このブログをご愛読くださっている読者さんは、私が何度も言っていることなので誤解されることはないと思いますが、でも、これから親子英語を始めよう!という方には、親子英語=勉強と誤解される方もいるかもしれないので。

実際に、Salonを始める前にも、1人の方から、どうやって子どもに勉強させたのか聞かれたんですよね(笑)。
「我が家では、勉強はさせたことがないし、最初はしなくても話せるようになるんです。」
と伝えました。


あのタエさんも、よくこのように仰っていました。
『英語を勉強させると、バイリンガルは遠ざかる。』と。

私が参考にさせて頂いている先輩方のお子さんは、もう小学校中学年や高学年、中学生になっています。だから、今、更新されている記事だけを見れば、初めて見た方には勉強させているように見えるかもしれない。
でも、違うんです。
昔からストーカーさせてもらっているからこそ分かる部分でもあるのかもしれませんが(笑)、

話せるようになって、興味の幅も広がって、もっともっと知識を深めるためにオンラインやワーク、読書が役に立っている。

と言う方が適切だと思います。

言い換えれば、話せるようになるために、子どもの興味や関心に目を向けながら、親子のコミュニケーションを大切にしてきたからこそ今に繋がっている。

子どもとのコミュニケーションも絆も何もなしに、いきなり勉強をさせることが親子英語ではない。
幼児や小学校低学年だからこそ、子どもとのコミュニケーションを大切にした取り組みがある。
私はそれが親子英語だと思っていますし、そうされて来た先輩方だからこそ、今更新してくださっている記事が参考になっています。

だから、Salonの皆さんにも、子どもと自然にコミュニケーションが取れるような(取らざるを得なくなるように笑)ゲームなどを伝授しています。

よく考えれば、いいえ、考えなくても本当は分かること。
子育て=勉強ではありませんから。
まずは、子どもとたくさん関わって、楽しい親子英語時間を過ごしてほしいなって思っています。



最後までお付き合いいただき
誠にありがとうございますm(__)m
また応援よろしくお願いします♡


にほんブログ村

育児 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。