スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語で鍛えた思考力が英語理解の力になる

突然ですが、Leoに先取りをさせてきて良かったなと思っています。

先日、ママ友が、我が家で先取りさせていることを知らないので、先取りさせることについていろいろと批判的なことを言っていたのですが、そうかなぁ?って疑問に思うことが多くて、突然ですが先取りについて少々思うことを連ねます💦

私も最初は、先取りというものを意識せずに、算数に強い子に育てたい!と思って遊びの中に算数を取り入れるようにして来ました。その甲斐あって、Leoは算数が大好きになって、パズルも大好きになって、今では宮本先生のパズル天才脳ドリルは大好物です。


先取りをしてきて一番良かったと思うことは、Leoに『勉強は難しい』という先入観を持たせずに済んだことだと思っています。一度そう思ってしまうと、そこから抜け出すのって本人のやる気次第だったりして結構苦労するから。

昔、どこかで書いたと思うのですが、”わかった!”が続くと”楽しい!”になって、それが続くとどんどん難しいことにもチャレンジしたくなって、そうやって勉強を楽しめるようになるんじゃないかなって思っていたので、先取りと呼べるようになったころは、私としてはとにかく”学校の勉強が難しいと思わなくて済むようにしてあげよう”そういう気持ちでした。

でも、私は算数が大好きになってほしいのと同時に、ただ解ける、ただ分かる、じゃなくて、考えるのが楽しい!っていうのを感じて欲しくて、思考力がつきそうなものを選んできました。
その中で一番取り組みやすかったのが算数だったんですね。
思考力を鍛える算数に取り組んだことで、思考力だけでなく理解力も磨かれ、それが今、他教科にも良い影響を与えていると思います。

勿論、それは英語にも影響しています。
日本語で鍛えた思考力・理解力であっても、考えることができれば英語でも同じこと。
英語が全くできない両親を持ちながら、一度読んだ本の内容をしっかり理解したり、先生の話を忘れなかったりするのは、全て理解力や思考力が育まれたことによるものだと思うから。

日本の勉強では記憶力もすごく大事になるんだけど、でも、論理的に考えて理解できれば、自ずと記憶に残るんだなというのを子どもたちを見ていても、自分の経験からも思うので、これからも記憶力に頼る勉強だけで終わらない取り組みを続けていきたいなと思っています。


そして、最後に、今現在、年中・年長のお子さんがいらっしゃる方、特に英語もこれから!という方には、少しずつ先取りをすることをおススメしたいと思います。というのも、言われなくても既にご存知かとは思いますが、日々の勉強や宿題でいっぱいになってしまうと、英語時間を確保するのって難しくなってしまいます。
その上、どこかで学校の勉強に躓いてしまったら、そこから先、学校の勉強に追いつくのがやっとになって、楽しいとは思えなくなってしまうと思うんですね。それでは、おうち英語をやっていても、メリットは半減してしまうと思うんです。
それに、少しずつ先取りをすることで、お子さんは自信をもって授業で答えることができるようになりますし、もし躓いても余裕をもって苦手克服のために時間を割くこともできます。

よく、先取りをしていると『先生の授業を聞かなくなる』なんてことも聞かれます(ママ友にも言われました)が、それはただの予習だからだと思います。
理解力・思考力が育まれれば、自分でどういう言動がふさわしいかということを考えられるようになると思うので、先取りをしたからといって、授業中に先生に失礼な態度をとることはないと思います。

先取りも向き不向きがあると思いますが、Leoが小学生になっても英語時間を確保できているのは、先取りのおかげだと思うので、小学生になってからの時間確保に不安がある方は、先取りしてみることをご検討ください。


では今日はこの辺で。
最後までお付き合いいただきありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

- 2 Comments

maomao  

先取りね、うちもちょっとだけやってて
そのことを記事に書いたこともありますが
ほんと、Laylaさんと同じです。
新しい事を学ぶ楽しさ、って大事だと思います。
先取りだと難しい場面にも出会うけど、
それはそれでチャレンジしたくなって
いい波に乘れてる感じ。
学校の学びはいろんな学びの中の一つ(領域は広いけど)
でしかない。
だからこそいろんな学びも充実させていきたいです。

2017/02/17 (Fri) 08:14 | EDIT | REPLY |   

Layla  

maomaoさんへ

本当にそうですね。学校の授業で教科として学ぶことって本当に限られていると思います。
だからこそ学校任せではいけないという部分と、生きる術を教えてあげることが親としての義務だなって思う部分とがありますが、どちらにせよ自宅学習は大切ですよね。
それに、学校でしか学べないことはもっと他にあるから、勉強で躓いて学校生活を楽しめないのはもったいないなとも思うんですよね。
『親だからできること』があるなら、できる限りのことをやってあげたい。
先取りって、理由は一つじゃないけど、結局、そういう気持ちからくるものですよね。
共感して頂けて嬉しかったです♡
コメントありがとうございます!m(__)m

2017/02/17 (Fri) 17:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。