スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語耳・英語脳を育むコツ?

同じように取り組んでいるつもりでも、成果がすぐに表れる人とそうでない人がいます。
そういう場面に直面した人がよく言うのが、『持って生まれたものが違う』という言葉。

英語ができたり頭が良かったりすると、『持って生まれたものだって言われること多いよね。』ってこのブログにも度々登場しているRちゃんが言ってたんですけど、Leoも英語を話せるというだけで、持って生まれたものだとか言われたことがあります。
純日本人夫婦の子ですよ。何を持ってるって言うんですか(笑)。

Salonの方にも、みんなと同じように取り組んでいるつもりなのに遅れているように思ってる方がいて、先日じっくりお話を伺って、私なりに原因を考えてみました。



その方は、DVD視聴、絵本の読み聞かせ、かけ流し、英語遊び、これらの取り組みが全て時間がバラバラだったんです。DVDを朝に見て、幼稚園から帰ってきて絵本を読み聞かせて、ご飯食べてるときにかけ流しをして、入浴後ご主人が帰宅してから英語遊びをする。


この時間の使い方に問題が潜んでいるんじゃないかな?って思いました。
一つ一つはよくできていても、各取り組みの間に日本語がたっぷり入ってしまうので、子どもたちが英語を英語だけで理解する英語脳になりにくいのではないかな?と思ったんです。

英語育児を始めたばかりの頃は、10分や20分の取り組みで英語耳や英語脳を育てるのはとても難しいと思います。かといって、DVDに子どもを預けるようなこともしたくないですよね。それをかけ流しで補ったりするわけですが、そもそもその各取り組みの間に日本語がたっぷり入ってしまっていたら、英語脳には切り替わらないし、見聞きしている英語も入りにくくなるんじゃないかなって思うんです。なんだか、ダイエットみたいですね💦

英語を見聞きしている時は親もできるだけ英語を話すし、日本語で入ってしまうCMもカットする、と昔タエさんも仰っていましたが、ちょっとでも英語だけで過ごす時間を長くすることで、インプットの質量がぐんとアップしたり、DVDから英語遊び、読み聞かせ、かけ流し、というように、1時間、2時間と連続時間でできればできるほど英語耳・英語脳ができやすくなるんじゃないかな?って思います。

だらだら~と何となくやるよりも、集中してやった方が効率が良いのは勉強もインプットも同じなんですね。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

- 3 Comments

maomao  

あ~~うちも時間はバラバラです・・・汗
朝、動画見たら学校行っちゃう。
レッスン+Raz、お風呂での語りかけ+読書は
繋げるようにはしてますが
もう小学生になるとまとめて時間が取れません~。
切り替えてスイッチが入っても
すぐ日本語まざっちゃうし。
それでも細々やってるって感じです。

2017/02/24 (Fri) 07:55 | EDIT | REPLY |   

Layla  

maomaoさんへ

小学生になるとまとまった時間ってないですよね~。
Leoは最近またそろばん熱が高くて、ますます時間がないんです。
かけ流しも、自力読みも、レッスンも、全部バラバラですが、
それでもやらないよりはましか、って感じです💦

2017/02/24 (Fri) 16:17 | EDIT | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2017/10/28 (Sat) 12:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。